TBLS shoppingでのお買い物に関して


<< 家電製品について >>

ご購入前のチェックポイント

テレビご購入前の注意事項

地上デジタル放送を見るには次の3つの確認をお願いいたします。

チェックポイント1 地上デジタル放送の電波が、受信しようと思っている場所まで届いているか?

総務省ホームページ(別ウィンドウが開きます)

チェックポイント2 地上デジタル放送の電波を受信できるアンテナが適切に設置されているか?

地上デジタル放送の受信には「UHFアンテナ」が必要です。BSや110度CS放送も受信するためには専用のパラボラアンテナが必要となります。集合住宅の場合は管理会社へアンテナの確認をお願いいたします。
ただし、ケーブルテレビ会社のデジタルサービスがあればアンテナを取付けなくても受信できます。地域のケーブルテレビ会社へご確認願います。

チェックポイント3 アンテナから送られた地上デジタル放送の電波を受信出来るテレビがあるか?

地上デジタル放送に関しては、総務省の相談窓口がありますので、下記に電話でお問い合わせをお願いします。
「総務省 地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター」 0570-07-0101
(平日9:00~21:00/土・日・祝祭日9:00~18:00)
IP 電話など、ナビダイヤルがつながらない方は 03-4334-1111


UHFアンテナ VHFアンテナ BS・CSアンテナ
UHFアンテナ VHFアンテナ BS・CSアンテナ
液晶テレビの選び方
液晶テレビの最適視聴距離は <テレビの画面の高さ×3>

たとえば42V型の場合、画面の高さは約52cmなので、液晶テレビでは約160cmが最適な視聴距離となります。
6畳の部屋でも42V型が楽しめます

サイズ選びで重要なのは、画面の高さ

テレビの型数は画面の対角線の長さで表されます。同じ型数のままワイド化すると高さが小さくなってしまうため、画面が小さくなったような印象を受けるのです。
サイズ選びで重要なのは、画面の高さ

新聞紙1枚と32V型のテレビ画面の大きさはほぼ同サイズ

新聞紙1枚と32V型のテレビ画面の大きさはほぼ同サイズ

テレビの据付けについて
据付対象 26型以上のテレビ 宅配便 25型以下のテレビ
【据付対象】 41型以上のテレビ 【宅配便】 40型以下のテレビ
  • 不要になったブラウン管・液晶・プラズマテレビのリサイクル回収をご希望される方は、リサイクル券の購入をお願いいたします。
  • 薄型テレビの「壁掛け」設置工事は、申し訳ありませんが、承っておりません。
  • テレビ据付けの場合の「光テレビ」や「ケーブルテレビ」、ハードディスクの設定は行いません。
  • お手持ちのDVD、ビデオデッキ等の接続や既存テレビの移設作業は、有料にて承ります。
  • お申込み時にその旨記載願います。

冷蔵庫ご購入前の注意事項

チェックポイント1 生活パターン分析
  • まとめ買いが多い →大きめな容量を
  • 冷凍食品、野菜の利用が多い →冷凍室、野菜室が大きめなものを
  • お子様のいるご家庭では →自動製氷タイプを
  • ラップの使用が多いご家庭では →ラップなしでもOKなものを
チェックポイント2 容量(ちょっと大き目を選びましょう)
  • (家族構成を考慮に入れて)何人家族か?お子様は?お年寄りは?ご来客数は?
  • 家族構成や家族数の変動も見越すことが大切です。 冷蔵庫は10年程度使うもの。
    5年先の家族構成をふまえ容量はL(リットル)で表わされ、容量の目安は、下記のようになります。
    (70L×家族の人数) + 常備品100L+予備スペース70L=○○
チェックポイント3 機能
  • 省エネタイプか?
  • その他付加価値として
    一気冷凍、自動製氷機、一気製氷、高湿野菜室、切替ルーム、自動脱臭、抗菌、エチレン分解などもご検討を!
チェックポイント4 据付けスペース・設置場所を考慮に入れて
  • 冷蔵庫置き場にぴったりおさまるかどうか(放熱スペースも含め)
    1. 据付場所に合った機種をお選びいただくため、カタログや取扱説明書に明記されている据付必要寸法を必ずご確認ください。
    2. 風通しが良く、熱気の少ないところに据え付けてください。
    3. 床が丈夫で水平なところに据え付けてください。災害対策としてしっかりした壁や柱に冷蔵庫を固定してください。
  • 主に使う人の身長は?手が届くかどうかの確認を!
    台所の形態、レイアウトを考えて、右開き、左開き、薄型タイプ等どれがいいかの検討を!
右開き 左開き
チェックポイント5 搬入路の確保
  • 据付け場所に至るまでの搬入経路(玄関・廊下・コーナーなど)の寸法を確認してください。
  • 家屋の扉などが邪魔になり据付け場所まで運べないことがあります。
階段 玄関ドア 廊下 らせん階段
階段 玄関ドア 廊下 らせん階段
搬入の際、本体の寸法より20cm程度余裕が必要です。(コーナーも同様) 搬入の際、本体の寸法より10cm程度余裕を見てください。 入口、廊下、コーナー共に、本体より20cm程度余裕が必要です。 搬入できないケースが多いため事前に見積もりをおすすめします。

洗濯機ご購入前の注意事項

チェックポイント1 縦型洗濯乾燥機とドラム式洗濯乾燥機の違いはどんなところか

縦型洗濯乾燥機とドラム式洗濯乾燥機の違い

チェックポイント2 据付けスペース・設置場所を考慮に入れて
  • 据付け場所に合った機種をお選びいただくため、カタログや取扱説明書に明記されている据付け必要寸法を必ずご確認ください。
  • 防水パンサイズ・給水口の高さ(位置)排水口が本体に隠れる場合は、本体のかさ上げが必要です。
    また、この場合、排水口にエルボがない場合は必ず真下排水用パイプが必要です。(別売)
    かさ上げした場合、本体天井が150mm上がります。給水口の高さが確保されているか、ご確認願います。
左開き 右開き 設置場所の形態 防水パンサイズ
左開き 右開き 設置場所の形態 防水パンサイズ
チェックポイント3 搬入路の確保
  • 据付け場所に至るまでの搬入経路(玄関・廊下・コーナーなど)の寸法を確認してください。
  • 家屋の扉などが邪魔になり据付け場所まで運べないことがあります。
階段 玄関ドア 廊下 らせん階段
階段 玄関ドア 廊下 らせん階段
搬入の際、本体の寸法より20cm程度余裕が必要です。(コーナーも同様) 搬入の際、本体の寸法より10cm程度余裕を見てください。 入口、廊下、コーナー共に、本体より20cm程度余裕が必要です。 搬入できないケースが多いため事前に見積もりをおすすめします。

(注)階段踊り場②が、らせん状階段方式の場合は、本体+40cm以上の幅が必要です。(多くの場合、搬入不可の可能性があります)

エアコンご購入前の注意事項

チェックポイント1 据付環境の事前確認
  • エアコン据付環境の事前確認(チェックリスト)に基づく事前確認をお願い致します。
  • 購入申込書に添えて、購入申し込み手続きをお願い致します。
チェックポイント2 電源コンセントについて

100Vと200Vの誤接続を防止するため、電気用品安全法によりコンセント形状が下表の様に規格化されています。機種選定前にご確認ください。

コンセント形状
コンセント形状
ブレーカー種類
ブレーカー種類

※設置場所のコンセント形状が異なる場合は、別途交換工事(有料)が必要です。
※ブレーカー交換が必要な場合は、別途交換工事(有料)が必要です。

チェックポイント3 据付け工事について

1. 全国対応。(ただし、離島、山間部は除く)

2. エアコンは標準工事費込みの価格です(標準据付工事費無料キャンペーン期間中)。
ただし、本体のみ購入の場合、標準据付け工事費無料キャンペーンは対象外となります。
標準据付け工事費分の値下げは出来ません。

3. 標準工事費用は次の通りです。(キャンペーン期間中は、下記標準工事費用が無料となります。)

冷房能力区分 繁忙期以外 繁忙期(6-8月)
2.2~2.8KW 12,980円(税込) 15,400円(税込)
3.6~4.5KW 16,830円(税込) 20,460円(税込)
5.0~7.1KW 19,250円(税込) 21,670円(税込)

4. 『標準工事』に含まれる工事内容は次の通りです。

  • 配管パイプ4m以内、配管はテープ巻きでの処理。
  • プラブロック1段まで。
  • 室外機設置は平地置き、ベランダ置きに限る。

5. その他お見積が必要な工事
※標準工事以外の工事費用は、工事業者へ直接お支払い頂きます。

  • 取外し工事
  • 追加工事(配管延長・ドレンホース結露防止のための断熱処理 等)
  • 特殊工事(コンセント交換、配管カバー(化粧カバー)、配管用壁穴あけ 等)
  • 室外機特殊設置(屋上置き、壁面置き、屋根置き、天井置き、2段置き 等)

温水洗浄便座ご購入前の注意事項

チェックポイント1 温水洗浄便座をお使いになるには

トイレ内に電源コンセントが必要です。
トイレの取付け寸法をご確認ください。
トイレの取付け寸法

チェックポイント2 トイレ内の止水栓形状のチェック

トイレ内の止水栓から給水を行う分岐水栓は商品に同梱されており、外ねじタイプ・内ねじタイプの止水栓であれば取り付けが可能です。なお、トイレ内のタンクの位置によっては、同梱のホースでタンクまで届かない場合 がございます。その場合は、別途部品(市販品)が必要です。
付属品以外に別途部品(市販品)が必要な場合があります。

以下の止水栓には付属品の分岐金具のみで取付けが可能です。

一般の止水栓 内ねじ止水栓
一般の止水栓 内ねじ止水栓
据付け工事をご希望の場合

別途工事費が必要です。

トイレ内にコンセントがあり、上記止水栓タイプの場合の概算工事費(ご参考)
工事内容 金額(税込)
据付工事代
(和式便座は除く)
7,700円
取外料金 3,300円
訪問料 3,300円
トイレ内にコンセントが無く専用回路が必要な場合(ご参考)

別途概算費用16,500円(税込)がかかります。

Icon_arrow_top_white